待つということ Waiting, Waiting, Waiting

Date 2020.09.11

”我々の忍耐は、力以上に物事を達成するだろう“-エドマンド・バーク

忍耐と力・・・何か物事を成し遂げるとき、あなたならどちらを選びますか? そして、それはなぜ? 日々刻々、私たちは、どうしても思いどおりにならない何かと対峙しています。プロジェクトはうまくゆかず、人は変化を拒み、タイムラインは思うように進まない・・・リストは延々と続きます。こんなときにあなたならどうしますか。 落ち着いて、クールで、冷静なタイプ、それとも激情型ですか? そして、もっと大切な質問ーこれを自分自身に問いかけてくださいーあなたの解決法は、今そこにある問題を解決するのに役立ちますか?もしそうでないのなら、それに替わる何かを検討するべき時が来ています。

これら、何かに挑戦しているシチュエーションでは、忍耐強く待つのか、それとも力で制するのかが問われます。それが起こるのを待つのか、あなたの思い通りに動かすのか。一瞬、強制してあなたの思い通りにする誘惑に駆られませんか? でもそんなときは、たいていハンズオフ・オプション、つまり手放しにしておく方が成功するのです。

なぜ、忍耐にはそれほど力があるのでしょう。それは、忍耐が、あなたの精神のものだから。あなたが思考の力を利用して、忍耐に集中することができれば、あなたはいま、ここに存在し、強制力だけでは決して達成できない、もっと大きなコントロールの力に自分自身をゆだね、信頼していることになります。

さあ、次回、近道をして力を行使する前に、立ち止まって自分に問いかけましょう・・・。良いことは待つことのできる人に、やってきます。

翻訳元:budhablog.com


ブッダガールバナー


メルマガ登録

Page Top