The Meaning of Rituals 習慣を儀式にする

儀式とは何でしょう?儀式をする意味は?その価値は?

儀式はすべての人間社会の中で生活の一部となっています。学校の卒業や結婚、出産といった社会的な儀式。そして洗礼式やミサなどの宗教的なもの。

上記とは別に、個人的に行う儀式もあります。私たちが誰なのか、どのように自分自身を表現するのか、どのような人生を送るのか、などを形作るものです。社会がグローバルになるにつれて、私たちはより多くの人とつながり、多くの文化や考え方を知り、他の文化の儀式を取り入れるようになっています。

毎日は儀式に満ち溢れています。

毎日行う儀式もあれば、定期的に行うものもあります。

“The ordinary acts we practice every day at home are of more importance to the soul than their simplicity might suggest.”  T. Moore
”私たちが毎日行う日常の行為は、思っている以上に魂に影響する”T.ムーア

毎日の習慣の積み重ねがあなた自身を作っていくのです。

どんなに小さな行為でも、心を込めて行えば儀式になります。

入浴するときはお気に入りの香りのせっけんを使って、湯気のなかで深呼吸。目を閉じて、水滴を一つ一つ感じながら体を洗います。石鹸の香りの花や木に思いをはせて、自然への感謝の気持ちを持ちながら、泡をシャワーで流します。

体を洗うこと、それだけも儀式になるのです。生活の中には儀式にできる行為がたくさん。以下にそれをリストアップします。

朝起きて自分の体の状態をチェック
深呼吸
お茶やコーヒーを入れて、香りをかいで、味わう
鏡に映った自分に笑いかける、そして周りの人にも笑顔を
食事を堪能する
夜寝るとき、ベッドのぬくもりを感じる

ほら、できることから、あなただけのちいさな儀式をつくり、毎日を有意義で美しいものに変えていきましょう。

今日も、マインドフルグラマーな一日を。


翻訳元:budhablog.com


ブッダガールバナー


メルマガ登録

Recommend 関連する『7つのこと』記事

Page Top