How to be どう生きるか?

生まれたときは、私は私自身として生まれます。ただ「私」でしかないのです。

けれどその後はどうなるでしょう?

乳児時代は奇跡の連続で、その瞬間に生きている時代。
赤ちゃんは時間に無頓着で、すべてのものが目新しく、好奇心に満ち溢れています。

その後、変化が起こります。

2歳~4歳ごろから、社会に適応しなければならなくなります。
ルールや、してはいけないこと、しなくちゃいけないこと、を教えられ始めるのです。

これは必ずしも悪いことではありません。子供にとってガイドラインは必要なものです。
けれど、子供たちには宗教的タブーや社会的差別は必要ないと思っています。

10代のティーンエージャーになると、帰属意識が芽生えます。
どこかのグループに所属したくなるのです。

成人になるにつれ、私たちは希望、夢、そして願望、を多く持ち始めます。
こうならなきゃいけない大人になるために必要なものを欲して、計画を立て続けます。
老いるまで、社会や周りの人に求められる役割を果たすために努力し、計画し、実行する、の繰り返し。

そして長い人生を経て、生まれたときと同じ地点に立ち戻るのです。「今を生きる」ということに。

Be present. いまここ、この瞬間を感じてください。
限りある人生。先のことばかり気にするのでなく、今の時間を楽しみましょう。

今日も、マインドフルグラマーな一日を。


翻訳元:budhablog.com


ブッダガールバナー


メルマガ登録

Recommend 関連する『7つのこと』記事

Page Top