秩父三峯神社に紅葉狩

Date 2020.12.09

紅葉狩を兼ねて秩父の三峯神社に11月中旬に平日に日帰りで伺ってきました。関東屈指のパワースポットとして有名でということで、友人に勧められ前から伺ってみたかったのですが、ひょんなことから埼玉に住む知人が企画をしてくれて伺えることに。GoToキャンペーンで近場の観光地がすごい賑わいになり宿が11月中どこも満室で週末は道も大混雑だったらしいです。

今年はとにかく「祈り」と「浄化」

momiji_colum

秩父に行く池袋からの特急もおしゃれでびっくり。90分であっという間についてしまいました。ここから車で1時間ほどで三峯神社に。もともと神社仏閣は気がいい場所にあることが多いですし、お参りすると気持ちがいいので折につけよくいきます。三峯神社は生半可な気持ちでお参りする神社ではないと聞いていたのですが、紅葉も見ごろで、今年は特に人込みを避けてお参りに行くには最高にパワフルな神社でした。

入口の威風堂々な大鳥居

momiji_colum

開けた場所でここからすでにパワーがあり紅葉も綺麗で気分も上がります。

高い樹々がまっすぐに立ちならぶ石段をどんどんあがって山の上までいきますと、風の音がゴーゴーとしていてなにかちょっとこわい感じがするくらいです。

狛犬ではなくこちらはオオカミ(大神様)が参道両脇に

momiji_colum

あばら骨が浮き上がるぐらい贅肉もないその様子にまた気が引き締まります。標高も1100mと山の上にありますし、修験道でもある神社で厳格な気があります。

龍の姿が浮かびあがっている石

momiji_colum

参拝するご本尊の正面の左脇、2012年に龍の姿が浮かび上がったということで有名になった石段。赤い2つの目に開いた口が確かに龍の頭部のように見える・・・。

せっかくなのでみんなでご祈祷もしてもらいました。境内に上がるとやはり風の通り道になっているのか、あたたかい日にも関わらずそこだけは風がゴーゴーと通り抜けてコートを着ていないと寒いほどでした。コロナが無事に収まり世界が日常を取り戻せますように。

色とりどりの葉が舞い散る

momiji_colum

巨大なご神木やヤマトタケルノミコトの像などをそのあとぐるりと回り最後は展望台に。手前の樹々が紅葉し、山が薄いブルーのグラデーションで重なるように見える中、紅葉した色とりどりの葉が舞い散る様子が本当に美しく心洗われました。

「竹寺」で牛頭天王と薬師如来にも参拝

momiji_colum

この後飯能にある通称「竹寺」までドライブしこちらで精進料理のランチをいただきました。こちらは神仏習合のお寺で、インドの祇園精舎の守護神「牛頭天王」が本尊でアーユルヴェーダでいうところのタンヴァンタリ神である薬師如来もまつられているということです病気消除や出世開運のご利益があるお寺ということです。

かやぶき屋根に山が錦の織物のように紅葉していて、今年の紅葉狩りを堪能しました。

今まで全く知らなかったのですが、東京の隣の埼玉でこれほどの豊かな自然があり特急で気軽に行けるというのに驚きました。また三峯神社というパワースポットもありますので、こういった時期に人込みをさけ小トリップで自然の中を歩くというのはとてもリフレッシュ・リラックス効果があるのでお勧めです!


メルマガ登録

Recommend 関連する『7つのこと』記事

Page Top