リチュアル・儀式とは -Defining Rituals

Date 2020.10.09

リチュアル・儀式とはいったい何でしょう。 そして、その価値とは?

まず、シンプルな事実から始めましょう。

儀式とは、人間社会に特徴的なものであり、すべての生活の一部である。

一般的な儀式には、宗教的な礼拝の儀式、結婚、葬儀、卒業、クラブ・ミーティング、スポーツのイベントなど、実にいろいろなものがあります。

一方で、個人的な儀式は、私たちが何者なのか、どう自分を表現し、どう自分の人生を切り開いていくのかを選択する、その基礎をつくっているものです。

私の人生は儀式で満ちています。毎日プラクティスするものもあれば、気の向いたときだけ、または特別な日のためのものもあります。そして私の毎日の儀式は、大好きなことわざーおそらくみなさんがもう知っているようにーに導かれています。 “私たちが日々家庭で実践している平凡な行為は、そのシンプルさが示唆する以上に、魂にとって重要だ”。トーマス・ムーア

たとえどんなに小さな事でも、私たちがすることはすべて、いま、ここに存在するという感覚と意図の力によって、儀式に変えることができます。例えばー私は入浴時、お気に入りのフレグランス・ソープの香りとともにスチームのシャワーに包まれて、深い呼吸をひとつします。目を閉じて、一滴一滴が私の身体を浄化していくのをイメージして。そして、アロマの呼び起こす花や木をイメージして・・・感謝の気持ちとともにしばらくそこにじっとしています。20秒ほどの、私の小さな儀式です。

儀式を創り出す機会は、それこそ一日に何百とあり、そのひとつひとつの儀式を短い感謝の言葉で終えるのは、次の行動に移るための、素晴らしい区切りになるのです。

さあ、このスモール・リストを毎日実践して、あなたのプレゼンスー存在―と、インテンションー意図の力ーを、あなた自身の人生に根付かせていきましょう。

・起きる前に、身体の全系統をチェック。調子はどう?
・これまでの人生―あなたの自伝―の振り返り(ドキュメンタリー‘Being in Heaven’を参考に。)
・お風呂につかりましょう(↑を参照)。
・朝の最初の一杯のコーヒー(紅茶でも)を淹れてー 飲まないで、まず、香りを嗅いで。
・運転席に座ったら、どうか無事に帰れますように、と祈りましょう。そして、この車に感謝。
・鏡の中のあなた自身に微笑んでみれば、きっといい気分になれるでしょう。その次は、周りの人たちに。
・自分を最後にもってきましょう。意見したり、命令するのをぐっとこらえて。 そうするかわりに、聞きましょう。
・時には、その場から立ち去りましょう。精神的にも、物理的にも、あなたが不愉快な気持ちになるシチュエーションから。そして、いま起こったことについて分析しましょう。感謝の気持ちを忘れずに。
・楽しんで、喜んで食べること。匂いを嗅いで、そして最初の一口に想いをこめましょう。たったそれだけで、さらに美味しくなるのです。
・夜、ベッドにもぐりこんだら、シーツの肌触り、その暖かさにくるまれましょう。
そして、自分自身にハグを。ほら、今日もまた、できたでしょう?

シンプルに、儀式って、大切なものなのです。

翻訳元:budhablog.com


ブッダガールバナー

メルマガ登録

Page Top