字をきれいに書く -マインドフルネス

子どもが生まれてから字を書く機会が増えました。お役所への申請書類や病院への予防接種などの提出書類、そして毎日の保育園の連絡帳。オンライン化が進んでもなお手書きは各所で必要になりますね。仕事ではほとんどパソコンで済ませて手書きの書類を作ることがなくなりましたが、子育てに関連する場所ではまだまだ手書きが求められることが多いです。

会社の同僚の他のママさんのお子さんが通っている保育園では、園とのやり取りはすべてアプリで、お知らせなどもアプリで来るとのことで、そういったシステム化されている保育園もあれば、私の子供が通っているところのように、手書きで毎日の様子や体温、食べたもの、などを記入して報告するところもあります。園によってやりかたは本当に様々ですね。

ちなみに妊娠中にやっておいたら良かったと最近になって思うことが「運転の練習」と「字をきれいに書く練習」。子どもが生まれてくるとお世話にかかりっきりになるので、自分だけで動ける時期に、この2つはきちんとやっておけばよかったと思っています。

今は息子が2歳でなかなか自分タイムを作ることが難しいのですが、会社のお昼休みの1時間を使って、週に1回、「美文字教室」に通っています。お習字の先生がプライベートで個人レッスンをしてくれるのですが、私の字の癖のなおしかたを細かく指摘してくれたり、漢字とひらがなの書き分け方をアドバイスしてくれたり、ととても実践的で楽しい時間です。コロナで自宅自粛中も、LINEを使って動画で書き方ビデオを送ってくれたり、とても有意義なレッスンで毎週楽しみにしています。

マインドフルネスとは、過去や未来に縛られるのではなく、「いまここ」に集中すること。字をきれいに書く、という行為はまさに「いまここ」に集中できるとても穏やかな時間です。毎日の実践で心が穏やかに、そして字がもっときれいになりますように。。自分の字に自信が持てるようになったら、お寺さんに写経に行きたいなと思っています。
字をきれいに書く

【 この記事を書いた人:スタッフSK/WELLBEINGTOKYOのウェブ担当 】
ナチュラルな暮らし、インド、ヨガ、アーユルヴェーダ、が好きです。
南インド人のだんなさんと2歳の息子と自然あふれる郊外に住んでいます。

Recommend 関連する『7つのこと』記事

Page Top